お買物かご
ページトップ
お客様の作品
和一ブログ
FAX注文フォーム

四季の花

京友禅とは・・・
「かじの葉」より宮崎友禅斎挿し絵   友禅とは模様を染めるための技術のことをいいます。 友禅染めは江戸時代元禄の頃、京都知恩院山内にて、扇絵師の宮崎友禅斎によって始められました。 友禅斎は洒落た遊び心のある扇絵を描くことが評判で、その絵柄は友禅斎模様と呼ばれました。 そして扇だけでなく小袖などの柄も手掛けるようになり、身近な草花を中心に描いた革新的な染模様を発案しました。
この友禅斎模様の染め物がやがて友禅染めと呼ばれるようになったのです。
  友禅斎が創始した友禅染めの特徴は、染料に糊を混ぜることにより生地に色が滲んだり混ざり合うのを防ぎ、 絹の上に絵画のように自由に模様が描けることです。
このように友禅を確立した友禅斎ですが、その実像を裏付ける資料があまりにも少なく、 生没年や師承、友禅染創案の過程等になるとはっきりせず謎のままです。

  明治時代になると、あでやかで色数の多い化学染料が使用され、 また、それまでの「手描友禅」に対して型紙を使って大量に染めることの出来る「写し友禅」が発明されました。 これが現在の「型友禅」と呼ばれるもので、これによってたくさんの数の制作が可能になり、 多くの人々に広がっていきました。
  染めの絵画とまでいわれているこの日本の伝統芸術を「和一」は受け継いでおります。
 
友禅の種類
大きく分けて手描友禅と型友禅に分けられますが、「和一」のちりめん友禅は型友禅です。
 
型友禅
型友禅は、図案を元に模様を彫った型を使用します。ちりめん生地を固定し、型の上から色糊を置きながら染めていく技法です。柄模様や色数によっては型を数枚〜数10枚使用することもあります。「和一」のちりめん友禅ではレーヨンちりめんとしては型枚数が多く、柄に応じて2枚〜15枚程度使用しています。一定の長さの型に柄模様が繋がるように絵付けをしており、繰り返し使用することで、同時にたくさんの数を制作することが可能です。
 
手描友禅
手描友禅は、すべての工程を一品ずつ手作業で描き染めていく技法です。仕上がりには手描ならではの独特な味わいが表現されますが困難を要します。
  型友禅
 
型友禅の製作行程
「和一」のちりめん友禅はこのような行程を経て作られていきます。(大まかな流れです。)
型友禅の製作行程
TweetsWind
  • お客様の作品
  • 和一ブログ
  • FAX注文フォーム
  • お問い合わせフォーム

営業日のご案内

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

京都ちりめん友禅 和一
(WAICHI・わいち)
株式会社シモムラ

〒600-8479
京都市下京区西綾小路東半町96
店舗販売は行っておりません。

TEL:075-343-5155
FAX:075-371-8917    
Mail:info@e-waichi.com

※お電話でのお問合せは和一担当までご連絡ください。

受付時間 9:00〜17:30 (土日祝休業)

休業日は電話・メール対応を行っておりません。