お買物かご
ページトップ
お客様の作品
和一ブログ
FAX注文フォーム
昔からある和風の色は、昔の人々の知恵と工夫によっていろんな色が生み出されてきました。
ここでは伝統的な染織の方法や、色にまつわるエピソードの一例をご紹介します。

日本の伝統色について

 
朱色(しゅいろ)
赤系統の色は、太陽によって一日が「アケル」という言葉から「アカ」になりました。
朱色はわずかに黄がかった赤の代表的な色で、太陽の色ともいえます。
朱は土の中からとれる、水銀が硫化した顔料で、
日本では縄文時代には朱が使われていたとされています。
レーヨン無地 朱赤はこちら→m-006

一越無地 赤はこちら→hm-205
 
桜色(さくらいろ)
満開に咲いた桜の花びらに見られる、ほんのり色づいた淡い紅色で山桜の桜色をいいます。
現代では本物の桜の樹で染める向きもありますが、本来は紅花か蘇芳(すおう)で染めるのが
正当です。

紅花:キク科
日本女性の口紅やほお紅にも使用されてきた花。
蘇芳:マメ科
樹木の芯に赤い色素が含まれている。やや青みのある赤。
レーヨン無地 桜色はこちら→m-006

一越無地 桜色はこちら→hm-205
 
江戸紫(えどむらさき)
「ムラサキ」という名前の植物の根(紫根)から染めた、青味の紫色で江戸の町人が好んだ高貴な色です。 江戸紫が青味の紫であるのに対し京紫が赤味の紫と言われていますが、それには何の根拠もないという説もあります。 いつの時代も紫根染は高価なものでしたので、蘇芳を重ねるなどしてあらわした「似紫」(淡い紫色)などが一般に流行しました。
レーヨン無地 江戸紫はこちら→m-006

一越無地 江戸紫はこちら→hm-205
 
紺(こん)
濃く深く、藍で染めた色で、少し紫色か赤色を帯びた色です。
桃山時代から江戸時代にかけ、木綿が普及するとともに藍染が盛んになり、紺屋(こうや・こんや)が地方の村や町に出現しました。 紺屋はもとは藍染屋のことでしたが次第に染物屋の総称になりました。 最も濃い藍色のことを「留紺(とめこん)」、黒みのあるものを「鉄紺」、紫がかったものを「茄子紺」などとよびました。
藍:タデ科の一年草。
葉・茎から藍染めの染料をとり、京都・大坂・阿波が産地として知られた。
古く中国から渡来したとされる。
レーヨン無地 藍はこちら→m-006

一越無地 紺はこちら→hm-205
 
松葉色(まつばいろ)
松の葉の濃い黄緑色をいいます。
「マツ」は神様がその木に降りてくるのを待つということからその名がついたと言われています。
松は年中葉の色が緑の常緑樹で長寿・不変のシンボルとされています。
蓼藍(たであい)と刈安(かりやす)の掛合わせで染めます。

蓼藍:藍の別名。
刈安:イネ科の多年草
山地に群生し、古くから黄色染料に使用されている。
レーヨン無地 松葉色はこちら→m-006

一越無地 松葉色はこちら→hm-205
 
山吹色(やまぶきいろ)
桜が散った頃に赤味の黄色の花をつける、バラ科の山吹の花の色をいいます。
支子(くちなし)の実を煎じて染め、蘇芳(すおう)を重ねると赤味が加わり山吹色になります。

支子:アカネ科
初夏に白い花を咲かせる。実は赤味のある黄色。食品の黄色にも使われる。
レーヨン無地 山吹はこちら→m-006

一越無地 山吹はこちら→hm-205
 
柿渋茶(かきしぶちゃ)
渋柿の実を青いうちに搾り、その液を二年程おいて自然に発酵させたものの上澄み液を布などに
塗った茶色をいいます。
江戸時代の頃、庶民には幕府が出した「奢侈取締令」により、高価な織物や染物など鮮やかな色彩のものが禁じられていたため、規制外であった茶色や鼠色が流行しました。 四十八茶百鼠と言われるとおり、数十種類もの茶色と鼠色があり、歌舞伎役者や文化人などの名前を付けた「団十郎茶」「利休茶」など、さまざまなおもしろい色名が付けられていました。
レーヨン無地 もみじはこちら→m-006

一越無地 柿渋茶はこちら→hm-205
一越で作るならこちら↓↓↓↓↓カットクロス一越無地 【紅梅(こうばい)】
一越無地紅梅

画像をクリックするとセット内容もご覧になれます。

 
徒然セール

画像をクリックするとセット内容もご覧になれます。

 
TweetsWind
  • お客様の作品
  • 和一ブログ
  • FAX注文フォーム
  • お問い合わせフォーム

営業日のご案内

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

京都ちりめん友禅 和一
(WAICHI・わいち)
株式会社シモムラ

〒600-8479
京都市下京区西綾小路東半町96
店舗販売は行っておりません。

TEL:075-343-5155
FAX:075-371-8917    
Mail:info@e-waichi.com

※お電話でのお問合せは和一担当までご連絡ください。

受付時間 9:00〜17:30 (土日祝休業)

休業日は電話・メール対応を行っておりません。