つまみ細工布講座(つまみ細工を初めて作る方へ)

つまみ細工は正方形の生地を折ってつまんで花びら1枚を作りそれを合わせてお花などを作ります。
糊やボンドとピンセットを用意すれば簡単に可愛い作品が作れて、糸も針も使わないので、お子様から年配の方まで楽しめる大変人気の高い手芸です。 つまみ細工 特に、ちりめん生地はつまみ細工用生地として相性が良く、つまみ細工として生地に張りがあって作りやすいため、市場にも沢山つまみ細工用ちりめん生地が出回っています。 最近では和風だけではなく洋風のテイストを取り入れた新しいデザインも増えてきており、つまみ方、色、大きさを変えてつまめば、とっても華やかな作品が出来上がります。
和一ではつまみ細工を初めて作る方へ簡単なアドバイスのページを設けました。ご一読いただき作品作りの参考にしてみてください。
京都ちりめん友禅 和一 スタッフ


■生地の選び方(レーヨン100%ちりめん)
つまみ細工によく使われる「ちりめん」は二種類ございます。 一つは「しぼ」が細かく厚みが薄い「一越ちりめん」、もう一つは厚みのある「二越ちりめん」です。 糸の太さや織り方が違い少し風合いが異なります。
つまみ細工
まず、初心者の方には、「一越ちりめん」をお勧めします。 一越ちりめん生地は生地が薄い(しぼが小さい)のでつまむ時に折目が付きやすいのと、 糊やボンドの吸い込みもよく、張りがあってつまみ細工を作るのに適しています。
「二越ちりめん」でもつまみ細工は作れますが、生地の毛羽立ちや厚みがあるので慣れてからでないと少しつまみにくいかもしれません。
つまみ細工
柄については、お好きな色・柄を選んでもらうのが一番ですが、無地やぼかし柄を選ぶと、簡単にきれいなつまみ細工が作れます。 また、大きな柄の入った生地はつまんだ時の柄の出かたを考えなければならないのでちょっと難易度が上がります。

ちりめん生地以外にも、伝統的な正絹生地や薄手の生地を使ってもつまみ細工は作れますが、生地が柔らかすぎてつまむのが大変な生地がございます。 正絹・ポリエステル系の生地はつまむ時に糊やボンドの付きが悪い生地もあるのでご注意下さい。 やはり、作業性のし易さは、一越ちりめんが一番簡単かもしれません。生地の張りや糊の吸い込み具合などちょうど良い感じでつまみ細工が楽しめます。 是非皆様もトライしてください。

つまみ細工にお勧めのちりめん生地は、下記をクリック。
一越ちりめん無地はこちら↓↓↓(初めは無地から♪) 一越無地
一越ちりめんのぼかし柄はこちら↓↓↓(ぼかしのニュアンスがちょうど良い♪) 一越W


■一越ちりめんと二越ちりめん(鬼ちりめん)の違いについて
まずはちりめん生地の表面を比較してみましょう。 素材は同じレーヨン100%ですが、和一の生地は一越ちりめんのほうが細い糸を使用しているため、「しぼ(表面のデコボコ)」が小さいことがわかります。
一方、二越ちりめん生地はシボが大きく表面に光沢があるのが特徴です。 ちりめん拡大写真


■つまみ細工のカットサイズ
市販のつまみ細工の生地のカットサイズは、およそ2cm〜3.5cm角など様々なサイズがございます。 初心者の方は3.5cm角のつまみ細工からお試しいただくと良いかもしれません。(カットサイズが0.5cm小さくなっただけでつまむのがずいぶん難しくなります) 3.5cm角のサイズに慣れたらいろいろとサイズを変えて挑戦してみましょう♪
ちりめん生地をカットするなら簡単に切りやすいロータリーカッターをお勧めします。つまみ細工作りにはとても役に立ちますよ。 ロータリーカッター


★ちりめん以外の生地
つまみ細工を沢山作っていると、どうしても他の生地でもつまんでみたくなりますね♪ 昔から使われてきた伝統のつまみ細工は正絹や羽二重などを使いますが、レーヨンちりめんよりもさらに正絹は高級な生地となります。

綿ローン
和一では、ちりめん以外の生地として手軽にお試しいただけるように、綿ローンのつまみ細工用カット済み生地の販売を始めました。 この生地は、生地が透けるほど薄い素材で、綿ローン生地は以前からつまみ細工に使われている方も多く、ちりめんには無い繊細な風合いのつまみ細工ができます。 シーチングなどでもつまめるのですが、厚みがあるので小さいつまみ細工になればなるほど難しくなります。
綿ローン つまみ細工 綿ローン生地は他のショップさんでも販売はしておりますが、少量づかいには大きすぎるので和一では色数を増やしてつまみ細工用として統一価格で販売しております。 統一価格なので、大きさと色で自由に選んでいただけます。
欲しいサイズが無ければ大きめのサイズを選んでご自身でカットするのも一つの手です。 生地が薄すぎて一越よりカットしにくい思いますが、カットする時は良く切れるハサミ・ロータリーカッターなどをお使いください。
綿ローンの生地はこちら↓↓↓ 綿ローン

古布
古布のはぎれも和一では少量ですが取り扱っております。どれも一点もので、また違った表情のつまみ細工になります。 一越ちりめん無地と合わせたり使い方色々です。
古布 つまみ細工 色合わせのコツは古布に使われている色と無地生地と合わすと、色のバランスが取れて綺麗です。少しボンドの吸い込みがよくない場合があるのでつまみにくいと思いますが、 慣れてきたらこちらを使っても素敵な作品が出来上がります。柄も色々あって古布は見ているだけでも楽しめます♪ 入荷も不定期ですがたまに覗いてみてください。
古布・正絹・はぎれはこちら↓↓↓ 古布


■つまみ細工を作ってみよう!
つまみ細工作り図

実際に一越ちりめん・二越ちりめんの生地で、つまみ細工を作って比較してみましょう。
どちらも個性のある風合いに仕上がりました。一越ちりめんは生地が薄いぶんしなやかで柔らかな印象、二越ちりめん(鬼ちり)生地はしっかりした生地のため光沢のある豪華な印象の作品ができました。

一越ちりめん生地-----薄くしなやかな風合い
一越ちりめんつまみ細工

二越ちりめん(鬼ちり)生地----ぽってりとしっかりした風合い
二越ちりめんつまみ細工


■総合評価
総合評価


■作品を作ったスタッフの感想
一般的につまみ細工には一越ちりめんが良いとされていますが、つまむ作業に慣れてきた方ではあれば二越ちりめん生地でも十分に楽しめます。生地の持つ特徴や風合いを知れば、自分に合ったより素敵な作品が楽しめるのではないでしょうか。 今回はつまみ細工を製作しましたが、その他にも吊るし飾りや和雑貨など組み合わせ次第でオリジナルの作品を作る楽しみが増えますね♪

■つまみ細工作品
基本のつまみ細工に慣れてきたら、色々なつまみ細工に挑戦してみましょう。 つまみ細工のコサージュ 庚申バラ ビーズやペップ、リボンやチュールなどを使ってあなただけのオリジナルコサージュを作ってみませんか? つまみ細工のコサージュ 庚申バラや玉バラ、袋つまみやひだつまみなど、つまみ方を変えてもいろいろな作品ができます。 つまみ細工の花


■お花だけではないんです!つまみ細工作品
つまみ細工の蝶々 つまみ細工のてんとう虫 てんとう虫や蝶々など動物もつまみ細工で表現できます。 多肉植物 つまみ細工 多肉植物だって、丸つまみや剣つまみで、作れます。

■つまみ細工に挑戦してみませんか?
つまみ細工によく使う、一越ちりめんから、カット済み生地・つまみ細工パーツ(ペップ・座金・ビーズ・スチロール球・ワイヤー)まで色々な材料が揃っています。作りかたは簡単です。ネットで「つまみ細工の作り方」で早速検索してみよう♪沢山説明がみつかりますよ。

つまみ細工材料

■和一公式ブログ
和一公式ブログにもいろいろとつまみ細工の事や役に立つ情報を掲載しております。
和一公式ブログ
ぜひ、一度ご覧になってください。

【和一ブログ 抜粋】別ページが開きます。

・コスモスのつまみ細工

・古布・正絹はぎれのつまみ細工

・つまみ細工「ひだ寄せつまみ」に挑戦!!

・多肉植物のつまみ細工♪

・★つまみ細工じゃない★創作つまみ♪

・★つまみ細工の飾り方

・つまみ細工に意外と便利なアレ!

・つまみ細工の接着(のり)について

・メタリック紐のご紹介♪

・一越ちりめんの見分け方